洋画レイプシーン:アウトロー/The Outlaw Josey Wales

アウトロー/The Outlaw Josey Wales

ソンドラ・ロック
1860年代なかば南北戦争中のミズーリ州。北軍の秘密軍事組織“レッド・レッグス”が、農夫ジョージー・ウェールズ(クリント・イーストウッド)の妻と息子を殺し、テリル大尉の剣で重傷を負ったジョージーを残して立ち去った。ジョージーはテリルへの復讐鬼と化し、ウィリアム・”ブラッディ・ビル”・アンダーソン率いるミズーリのゲリラと共に北軍と戦い、速撃ちの大尉として知られるようになる。やがて戦争は終わり、フレッチャーをはじめ部隊のほとんどは投降するが、テリルは恩赦と見せかけ反逆者たちを射殺する。恩赦に加わらなったジョージーは逃げ、テキサスをめざして旅をする。やがてインディアンへの武器密売で稼いでいるならず者の群れコマンチェロスに、美しい娘ローラ・リー(ソンドラ・ロック)とその祖母サラが襲われているのを目撃し、救い出した。ローラと結ばれるジャージーだったが、執拗に追跡していたテリルがジョージーたちを取り囲んだ・・・

クリント・イーストウッドとの共演では必ずといっていいほどレイプされかけるソンドラ・ロックさん。まだ若くプリプリしたお尻が可愛いですな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。