洋画レイプシーン:チャトズ・ランド/Chato’s Land

チャトズ・ランド/Chato’s Land

ソニア・ランガン
南北戦争直後、アパッチ・インディアンのパードン・チャト(チャールズ・ブロンソン)はささいな口論から正当防衛で保安官を殺害してしまい、ホイットモア大尉率いる白人たちの追跡団に追われる身となる。チャトの住居を襲撃し、妻(ソニア・ランガン)を凌辱した追跡団たちは、復讐に燃えるチャトに一人ずつ追い詰められ、殺されていく・・・

チャールズ・ブロンソン行くところレイプあり、ですな。奥さん可哀そうですが、チャールズ・ブロンソンの奥さんですから、そりゃ犯られますな。本格的なレイプシーンは悲鳴のだけなのが、ちと寂しい



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

One thought on “洋画レイプシーン:チャトズ・ランド/Chato’s Land

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。