洋画レイプシーン:Ya budu pomnit

Ya budu pomnit

1942年、ロシア南部の小さな海辺の町はドイツ軍によって占領されていた。 13歳のVadikはロシア人の父とギリシャ人の母を持つ。冤罪で刑務所に収監されていた父がいつも家にいることを彼は憤慨していた。友達の父親はみな戦場へ出ていったのだ。しかし、ユダヤ人の少年を匿う両親に次第に彼の心が変化していった。

これも紹介した気がしますがな。結構好きですな、こういうの。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。