洋画レイプシーン:金陵十三釵/The Flowers of War

金陵十三釵/The Flowers of War

日中戦争下、1937年の南京。南京へ侵攻してきた日本軍から迫害を受け教会の建物の中へ逃げ込んだ中国人女子学生ならびに娼婦らを米国人納棺師ジョンが聖職者になりきり匿い救う。日本軍士官長谷川は女学生たちを保護する約束をするが、同時に彼女等がパーティーで賛美歌を合唱するよう要求する。女子学生たちを助けるために、一緒に避難していた12人の娼婦と1人の少年侍者が女子学生に扮装し身代わりとして日本軍の南京陥落パーティーに赴き、その隙にジョンは修理された教会のトラックと密かに入手した通行証で女子学生たちを南京から救出する。

南京事件での日本兵の蛮行ですな。戦争に行ったらこんなことできる、なんて思ったらいけませんぞ。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。