洋画レイプシーン:サルバドル・遥かなる日々/Salvador

サルバドル・遥かなる日々/Salvador

Erika Carlsson
1980年、ジャーナリストのリチャード・ボイルはアメリカのアパートで暮らしていたが、家賃の催促に追われる日々に嫌気が差した妻子に出て行かれてしまい、自暴自棄になり取材のためエルサルバドルに向かう。現地は右派の政府軍と左派の反政府ゲリラによって内乱が起こっており、多くの死者・行方不明者を出していた。政府軍のマックス少佐率いる勢力は、政敵であるカトリック教会のロメロ大司教を暗殺。さらにはボランティアのシスターら(Erika Carlsson)を敵の家族を助けているとし、部下に命じて強姦・殺害させる。マリアの弟も、何者かに惨殺されてしまう。ボイルは真実を追う決意をする。

さあ、今日から仕事始めですな。私も重い身体を引きずって出社しましたぞ。年末年始はフルバージョン連発でしたが、こちらも通常モードに戻りますぞ。手始めに、以前から探していたこのシーン。大好物のシスター・レイプ物ですぞ。おばあちゃんから巨乳さんまで、盛大に犯されてますな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。