洋画レイプシーン:リダクテッド 真実の価値/Redacted

リダクテッド 真実の価値/Redacted

Zahra Zubaidi
2006年4月、イラクのサマラ。米軍が設置した検問所を守る兵士がいた。戦場の映像をカメラに収めて映画学校に入学しようと目論むサラサール、故郷に妻を残して従軍した弁護士のマッコイ、“ファックと戦闘”に目がない貧しい南部出身のフレークとラッシュら、いずれも若い兵士達。ある夜、彼らは“戦争遂行に役立つ証拠捜索”の任務で民家に踏み込み、一人の男を逮捕する。男の娘達は検問所を通って通学していたが、下心のあるラッシュはその姉Farah(Zahra Zubaidi)に目をつけていた。7月。フレークは酒に酔った勢いで“娘の家に押し入ろう”と言い出す。サラサールは撮影を希望して同行を決める一方で、伍長のマッコイは彼らを静止する事ができない。勢いに引きずられるように、部隊は“大量破壊兵器を探すんだ”とわめくフレークとラッシュを先頭に、少女の家に向かって行く。

これもイラク戦争で起こった実際の事件をモデルにしてますな。架空のドキュメンタリーという形式でリアルですな。Zahra Zubaidiさん、14歳という設定ですが、いい乳してますな、なんて考えたら不謹慎ですぞ。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (1)

One thought on “洋画レイプシーン:リダクテッド 真実の価値/Redacted

  1. 「地獄のヒーロー 3」という、ベトナム戦争を扱った映画、知ってますか?14か15ぐらいの女の子が、レイプされるシーンがありますよ。レイプと言っても、未遂ですが。下手なAVより、リアルですよ。ちなみに、ユーチューブで見れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。