洋画レイプシーン:ブラドック 地獄のヒーロー3/Braddock: Missing in Action III

ブラドック 地獄のヒーロー3/Braddock: Missing in Action III

Melinda Betron
75年、北ヴェトナム軍の乱入によって混乱のサイゴンの街で、妻リンが砲撃をうけて死んだと思ったブラドック大佐は、ひとりアメリカへと去った。それから十数年後。失意の日々を送るブラドックは、ヴェトナムで米国系アジア人の孤児院を経営しているポランスキーの訪問をうけ、妻はもちろん彼のまだ見ぬ息子までもが生存していることを知らされる。CIAに協力を拒否されたブラドックは、彼をヴェトナムヘ行かせたくない彼らの妨害を振り切り、単身サイゴンへと乗り込む。妻子との再会もつかの間、ブラドックのヴェトナム潜入を知ったクック将軍は彼らを捕え、ブラドックの目の前でリンを殺した。怒りに燃えるブラドックは見張りを倒して息子を救出すると同時に、ポランスキーが面倒を見ている他の子供たちをも救出、追撃するクック将軍を倒し、無事国境を越えるのに成功する。

先週の戦場特集、なかなか好評でしたな。ならば今週も続けますぞ。まずは情報をいただいた作品からご紹介しますぞ。感謝ですな。これはチャック・ノリス主演ですぞ。我らの世代では、「ドランゴンへの道」が印象深いですな。襲われてるのはMelinda Betronちゃんだと思いますが、正義の味方に助けてもらってよかったですな。「チッ」と舌打ちをするところではありませんぞ。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。