洋画レイプシーン:ヒトラーの旋律/Ghetto

ヒトラーの旋律/Ghetto

エリカ・マロジャーン

ヴィリニュスに残ったユダヤ人の生殺与奪の権を付与されて、ドイツ将校キッテルが派遣されてくる。この将校は情け容赦ない人物であったが、協力を余儀なくされたユダヤ人警察の隊長ゲンは、少しでも犠牲を減らすべく、さまざまな駆け引きを用いて対応する。将校キッテルが目をつけた女性歌手のハヤ(エリカ・マロジャーン)にゲットー内の劇場で上演するよう依頼するのもそのひとつである。しかしあくまでもゲンツができたのは犠牲を減らすことだけであり、ゼロにすることはできない。すなわち多数を生かすかわりに少数は死に追いやるしかないという微妙な立ち位置である。やがてソ連が進行してくるとドイツ軍は崩壊するが、ゲンツは自ら死においやったユダヤ人たちに負い目を感じ懊悩することになる。

エリカ・マロジャーンさん、形のいいおっぱいですな。私も先日、こんなおっぱいを某所で揉んだり吸ったりさせてもらいましたぞ。ちょっと高かったですがな。


  • 抜けた! (9)
  • 抜けない! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。