洋画レイプシーン:スターリングラード/Enemy at the Gates

スターリングラード/Enemy at the Gates

レイチェル・ワイズ
1942年9月。ナチス・ドイツの猛攻にさらされ陥落寸前のスターリングラード。そこへ送り込まれた新兵ヴァシリ。敵の銃弾が降り注ぐ中、死体に紛れて反撃の機をうかがっている時、同じように身を潜めていた青年政治将校ダニロフと出会う。ダニロフのライフルを借りたヴァシリは驚くべき正確さで敵兵を次々と仕留めていった。政治将校に狙撃の才能を認められたことで、ヴァシリの立場は一転する。広報係であるダニロフはヴァシリを有能な狙撃兵としてソ連共産党の機関紙で喧伝、狙撃によって次々とドイツ将兵を葬るヴァシリの活躍にソ連軍の士気は高揚、彼は一躍戦場の英雄となる。しかし、女兵士タ-ニャ(レイチェル・ワイズ)をめぐりヴァシリとダニロフには軋轢が生じる。

レイプシーン、ではありませんがな。でもちょっとレイプっぽいのとレイチェル・ワイズさんがきれいでエロいのでご紹介しますぞ。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。