洋画レイプシーン:ケイジ/Your name is Justine

ケイジ/Your name is Justine

アンナ・チェースラック

経済は低迷、地域産業も停滞したポーランド中部の街。だが、若く美しいマリオーラ(アンナ・チェースラック)は、ひとすじの希望を見出していた。幼なじみでドイツに移住したアルトルと再会、彼と結婚する見込みが出てきたからだ。同居する祖母に置き手紙を残し、三週間の留守を告げたマリオーラは、恋人の車に乗って彼の親が暮らすケルンへと向かう。国境を越えたものの、旅はまだ長い。そこでアルトルはベルリンの知人宅で一泊することを申し出る。間もなく到着した人気の無い集合住宅。出迎えた女性の陰気な眼差し、知人たちの異様な行動、そして、我が耳を疑いたくなるアルトルの言葉。悲鳴も届かない廃墟、マリオーラは自らの置かれた立場を知り、絶望に打ちひしがれる。彼女は既に「組織」に売り飛ばされていた。

酷い話ですな。これみて勃ってる場合ではないと思いますが、でも勃ってしまう自分がいますな。というわけで今週は「勃ってる場合じゃないけど勃ってしまう特集」にしますぞ。



  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。