洋画レイプシーン:私が、生きる肌/The Skin I Live In(2/2)

私が、生きる肌/The Skin I Live In

ブランカ・スアレス
ロベルと娘ノルマ(ブランカ・スアレス)は知人の結婚パーティに出席していた。ノルマは母の非業の死で精神を病んでいたが、そのころには状態が落ち着いており、パーティ会場で出会った地元の仕立て屋の息子ビセンテと一目で惹かれ合う。薬とアルコールの勢いもあり、2人は庭の草むらで関係を結ぼうとするが、その途中でノルマが発狂する。慌てたビセンテはノルマを殴って気絶させて逃げ出すが、その様子をロベルに目撃されてしまう。ノルマは完全に正気を失い、父であるロベルのことすら分からなくなる。ロベルは娘の復讐のために、ビセンテを誘拐して監禁する。そしてノルマが自殺すると、ロベルは屋敷内の手術室でビセンテに性転換手術を施す。更にロベルはビセンテの顔を整形し、自ら開発した人工皮膚を使って亡き妻ガルに似せていくと、「彼女」にベラの名を与える。

昨日の続きですな。前の話とどう続くのか、よくわかりませんがな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:私が、生きる肌/The Skin I Live In(2/2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。