洋画レイプシーン:私が、生きる肌/The Skin I Live In(1/2)

私が、生きる肌/The Skin I Live In

エレナ・アナヤ
世界的な形成外科医ロベル・レガルが暮らす大邸宅の一室に、ベラ(エレナ・アナヤ)という名の美しい女性が軟禁されている。ベラはロベルの妻ガルに瓜二つであるが、実はガルは12年前に交通事故で全身火傷を負い、非業の死を遂げていた。その後、ロベルは妻を救えたかもしれない「完璧な肌」を作り出すことに執念を燃やし、ベラを実験台にして自らの開発した人工皮膚を使って彼女を亡き妻の姿に作り変えていたのだ。そんなロベルをベラは誘惑するが、ロベルはベラに惹かれつつも彼女の誘惑を拒む。そんなある日、メイドの息子セカが強盗を働いて指名手配される中、匿ってくれと屋敷に現れる。セカはベラの存在を知ると、ロベルが留守であることをいいことに彼女をガルと思い込んで無理矢理ベラの軟禁されている部屋に押し込み、ベラを犯す。しかし、ベラは自分を屋敷から救い出してくれとセカに頼むと、セカの望むままに抱かれる。

ちょっとどういうシチュエーションなのかわかりませんがな。ボディスーツがエッチですな。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。