洋画レイプシーン:真夜中の狂気/The house on the edge of the park

真夜中の狂気/The house on the edge of the park

アニー・ベル
ニューヨークで自動車泥棒、レイプ、殺人を犯す、一見善良そうな男アレックスは、友人リキとともに、偶然郊外の上流家庭のパーティーに招かれることになった。そこで彼はリザ(アニー・ベル)という女性に目をつけ、執拗に追い回すが、肝心なところで彼女に逃げられてしまう。焦立つアレックスは、ついに隠し持っていた剃刀を手にして、女たちを犯した。が、そんな時トムという男が反撃に出た。隙をみて銃を手にした彼はアレックスを撃ち抜き、かつて自分の妹がアレックスにレイプされ殺されたことを告げる・・・

梅雨ですな。この間まで暑くてこのまま夏かと思いきや、梅雨ですな。ジメジメとした季節は家の中でジメジメとするに限りますな。これは前にも紹介してた作品の別シーンですな。アニー・ベルさん、いい乳しててゾクゾクしますな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。