洋画レイプシーン:ザ・バッグマン 闇を運ぶ男/The Bag Man

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男/The Bag Man

レベッカ・ダ・コスタ
凄腕の殺し屋ジャックは、雇い主のドラグナからある鞄を預かる。ドラグナはその鞄を指定したモーテルへと運び、そこで自分の到着を待てとジャックに命じる。また、その際にドラグナから「鞄の中は絶対に見てはならない」と言われたジャックは、多少の違和感を感じつつも襲いかかってくる刺客を次々と葬っていくのだった。こうして指定されたモーテルへと到着したジャックだったが、そこでレブカ(レベッカ・ダ・コスタ)と名乗る娼婦を成り行きから匿うことになってしまう。

吊るされてるのはデ・ニーロですな。名優はどういうシチュエーションでも存在感がありますな。で、この後どうされるんでしょうな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。