洋画レイプシーン:ザ・フィクサー/One Way

ザ・フィクサー/One Way

ケイティー・キーティング

エディは、ニューヨークの大手広告代理店で成功を収めたクリエイティブ・ディレクター。大きなプロジェクトも成功し自身が勤めるバーク社社長令嬢ジュディとの結婚も控え、彼の人生はまさに「完璧」でだった。そんな中、ジュディの弟アンソニーがエディの同僚であり親友のアンジェリーナをレイプした事が発覚する。


これはいったいどの作品のシーンなのか、ずっと探してましたが、ようやくわかりましたぞ。というか以前にご紹介した「ザ・フィクサー」の別シーンでしたな。ローレン・リー・スミスさん演じるアンジェリーナの少女時代ですな。その少女時代役のケイティー・キーティングさん、当時16歳ですな。ミニスカートから伸びた白い足がゾクゾクしますな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (6)
  • 抜けない (27)

コメントはこちら(承認制です)