洋画レイプシーン:リップスティック/Lipstick

リップスティック/Lipstick

マーゴ・ヘミングウェイ/マリエル・ヘミングウェイ
トップモデルのクリス(マーゴ・ヘミングウェイ)は妹のキャシー(マリエル・ヘミングウェイ)から、彼女の音楽教師ゴードンを紹介される。後日、クリスの部屋を訪れたゴードンは突如豹変、彼女に赤い口紅を塗りたくったうえでレイプした。クリスはゴードンを告訴するが、彼の巧み且つ不当な戦術によって無罪となる。ゴードンはその後キャシーをもレイプ、怒りが頂点に達したクリスは銃をとり、ゴードンを射殺するのだった・・・

ご存知、アーネスト・ヘミングウェイの孫娘二人が出演した話題作ですな



What do you think of this post?
  • 抜けた! (3)
  • 抜けない! (0)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:リップスティック/Lipstick

  1. この映画 妹役のマリエル ヘミングウエィのレイプシーンのほうが萌えましたね。
    アメリカでの映画の公開日と誕生日から推理すると、撮影当時は14歳ですね。
    いかにも田舎くさい顔立ちと服装が、余計にリアルですよ。
    YouTubeで検索すれば見れます。
    彼女のレイプシーンもファンの方に、見せて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。