洋画レイプシーン:SEXドールズ/Hope Lost

SEXドールズ/Hope Lost

フランチェスカ・アゴスチーニ

ルーマニア・ブカレストの工場で働くソフィア(フランチェスカ・アゴスチーニ)は、華やかなエンターテイメントの世界に憧れる美女。ある晩、友だちと訪れたクラブで、テレビ番組のプロデューサー、ガブリエルと運命的な出会いを果たす。「オーディションを受けないか?」と、巧みな誘い文句で口説かれたソフィアは、つまらない人生からの脱却を狙い、愛する幼い弟を残したままガブリエルの車に同乗し、夢の街ローマへ向かう。しかし翌朝、待機していた部屋に突然マフィアのマノールと手下の男が押し入り、ソフィアは売春婦として売り飛ばされた事を知る。こうしてソフィアに地獄の日々が訪れるのだった。

世の中、悪いやつがたくさんいますな。日本でもアイドルにあこがれる女の子をスカウトと称して悪さをするやつがいますな。昔、知り合いでモデル事務所のスカウトをやってた男がいましてな。そいつによると、ハローワークから出てくる女の子に「モデルをやりませんか」と声をかけると、職探しであせってるせいか結構のってきたそうですな。で、ほんとにモデルの仕事なのかと聞くと、「ほんとにモデルだけど、詳しくはいえない」といってましたな。怖い話でしたな。というわけで今週も「勃ってる場合じゃないけど勃ってしまう特集」ですぞ



  • 抜けた! (3)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。