洋画レイプシーン:イースタン・プロミス/Eastern Promises

イースタン・プロミス/Eastern Promises

ナオミ・ワッツ
クリスマスを目前に控えたある夜、助産婦アンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に妊娠した少女が運び込まれ、出産後息絶える。アンナは身元を知るため彼女の日記を読む。日記はロシア語で書かれ、あるロシアン・レストランのカードが挟まっていた。店の前でアンナはニコライと出会う。彼は、ロシアン・マフィア“法の泥棒”の後継者キリルの運転手だった。バイクが故障したアンナをニコライは車で送っていく。恋人の子供を流産した過去があるアンナは母親ヘレンと同居し、その家にはロシア人で自称・元KGBの伯父ステパンが出入りしていた。ステパンは日記を読み、少女が14歳の娼婦でレイプの末妊娠した事実を知り、アンナに深入りするなと忠告する・・・

パツキンのチャンネェが後ろからバッコンバッコン突かれてますな。私もパツキンのチャンネェなんてのをいっぺんやってみたいですな。いいですな、パツキンのチャンネェがたくさんいるお国の方は。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。