洋画レイプシーン:時間切れの愛/Dias Contados

時間切れの愛/Dias Contados

ルス・ガブリエル
バスク分離運動に参加するテロリスト、アントニオは、報道写真家と称して潜入した先のアパートで、娼婦まがいの生活を送るチャロ(ルス・ガブリエル)と知り合う。奔放な彼女に戸惑いながらも惹かれていくが、アントニオがテロリストと知ったチャロはショックでコカインを打って倒れアントニオは危険を冒して彼女を家に送った。だが、運悪くそこへ彼女の刑務所にいるはずの夫が帰ってくる。暴力的に犯されるチャロを盗み見るアントニオ。翌日、チャロは逮捕され、アントニオはチャロらが連行された警察署に突入した・・・

後ろからガンガン突かれながら、振り返った表情がいいですな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。