洋画レイプシーン:ブロンドの鬼・レイプが妻を鬼にした/Demented

ブロンドの鬼・レイプが妻を鬼にした/Demented

サリー・エリーズ
別荘でストッキングをかぶった4人組にレイプされたリンダ(サリー・エリーズ)。その後、夫とともに新居へ移るが、リンダはレイプがトラウマとなり、時々ストッキングをかぶった男の幻を見たりするようになっていた。そんなある夜、夫がが愛人と会っているとき、家に覆面をした2人組が忍び込んできた。キッチンに逃げ込み難を逃れたリンダは夫に伝え警察を呼ぶが、フラッシュバックだとして相手にしてもらえない。再び夫がいない夜、覆面をした男が現れると、リンダは隠し持っていた包丁を振りかざした・・・

よくあるリベンジ物ですな。レイプシーンはもう冒頭からですぞ。やっぱり巨乳ですな



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。