洋画レイプシーン:ウォッチメン/Watchmen

ウォッチメン/Watchmen

カーラ・グギノ
1985年、東西冷戦下のアメリカでは、核戦争の危機が目前に迫っていた。そんなある日、ひとりのニューヨーク市民が殺害される。政府により禁止されたヒーロー活動を続けていたロールシャッハは、独自の調査で、殺害されたのが、かつての仲間コメディアンであることを突き止める。これはヒーロー抹殺計画の第一段階なのか? 事件を追ううちに、ヒーローたちはそれぞれの心の闇に直面し、やがて世界を根底から覆す巨大な陰謀に巻き込まれていく。

ジャーな映画と思っていたらR-15指定だそうですな。まあ高校生からは観てもいいということですかな。それにしてはハードなシーンですな。でもカーラ・グギノさん、いい身体してますなあ。ガーターベルトはいいですなあ。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。