洋画レイプシーン:ブレード・ウォリアーズ/Roller Blade Warriors: Taken by Force

ブレード・ウォリアーズ/Roller Blade Warriors: Taken by Force

キャスリーン・キンモント/エリザベス・ケイトン

世紀末戦争の後、文明は荒廃し、テクノロジーに対する信頼は跡形もなく消え去った。人間は生きるために略奪、殺戮を繰り返し、女は物珍しくレイプの犠牲となった。希望の光は只一筋、その集団を人々は『宇宙の騎士ローラーブレー ド』と呼んだ。騎士団のリーダーはマザー・スピード。騎士たちはいずれ劣らぬ美女たち。彼女たちは武器として日本刀を持ち。ローラースケートで移動した。そしてスマイル・フェイスが彼らを守るシールドとなった。マザーは騎士 キャリン・クロス(キャスリーン・キンモント)に最強の超能力者グレッチェン・ホープ(エリザベス・ケイトン)護衛の命だった。だがキャリンの前には恐るべき敵が存在した。突然変異で誕生した巨大なミュータントの支配する街アバドンを通らねばならないのだ。ミュータントは金髪の処女を好み、手下ホリガン一味は女たちの往来を虎視沈々と狙っているのだ。そしてある夜、疲れ果てて野宿したキャリンとホープを彼らが襲う。不意を突かれたキャリンはホープを奪われてしまう。

以前に一部ご紹介しましたが(こちら)、もっとエッチなシーンがあったのでご紹介しますぞ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (4)
  • 抜けた (10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。