洋画レイプシーン:Picture of Beauty

Picture of Beauty

ダニエル・ローズ・ラッセル/テイラー・サンズ

第一次世界大戦前夜の東ヨーロッパ。ステファニー(ダニエル・ローズ・ラッセル)とジュリア(テイラー・サンズ)は教会が支配する小さな村で育った。幼いころから親しい二人だが、ジュリアは父親に町の警官との結婚を強要される。一方、ステファニーは売春宿の依頼を受けて娼婦たちの絵を描くフラネクに恋をする。

無修正ですな。ダニエル・ローズ・ラッセルさん、テイラー・サンズさん、お二人ともかわいいですな。最後に若い娘とエッチしたのがいつのことだったか、もう記憶にありませんな。10代は学生時代くらいまでですかな。ちなみに最年少記録は16歳ですが、私も16歳でしたから罪はありませんな。社会人以降はナンパよりも風俗中心になり、かつ私自身の嗜好がどんどん熟女に移行してしまい、すっかり若い娘とは縁がなくなってしまいましたな。今、16歳の娘を相手にしたら、いったいどんなエッチになるんですかな。いつもどおりにしたらキモイとか言われて逆上して犯しまくってしまうのではないかと自分でも怖いですな。やっぱり止めといた方がよさそうですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (7)
  • 抜けた (9)

コメントはこちら(承認制です)