洋画レイプシーン:ラスト、コーション/Lust, Caution

ラスト、コーション

タン・ウェイ
1938年、日中戦争の激化によって混乱する中国本土から香港に逃れていた女子大学生・王佳芝(タン・ウェイ)は、学友の勧誘で抗日運動をかかげる学生劇団に入団。やがて劇団は実戦をともなう抗日活動へと傾斜してゆく。翌1939年、佳芝も抗日地下工作員として活動することを決意し、暗殺の機を窺うため麦夫人として特務機関の易を誘惑したが、工作員としての未熟さと、易の厳しい警戒で暗殺は未遂に終わった。3年後、日中戦争開戦から6年目の1942年、特務機関の中心人物に昇進していた易暗殺計画の工作員として上海の国民党抗日組織から再度抜擢された佳芝は、特訓を受けて易に接触したが、たびたび激しい性愛を交わすうち、特務機関員という職務上、すさまじい孤独の苦悩を抱える易にいつしか魅かれてゆく。工作員として命がけの使命を持ちながら、敵対する易に心を寄せてしまった佳芝は・・・

アジアの女優さんってのは、きれいですな。易役はレッドクリフで周瑜役やったトニー・レオンさんですな。確かレッドクリフでもリン・チーリンさんといいことしてましたな。一般映画で立ったの久しぶりでしたな。



  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。