洋画レイプシーン:リービング・ラスベガス/Leaving Las Vegas

リービング・ラスベガス/Leaving Las Vegas

エリザベス・シュー
ベンはハリウッドの脚本家だったが、酒浸りの生活でクビになった。ベガスに着いたベンは、娼婦のサラ(エリザベス・シュー)と出会う。サラのフラットに落ち着いたベンはそこを「天使の家」と呼び、サラはベンといる時、本当の自分に戻れる気がした。一緒に暮らそうと言うサラに、ベンは「絶対に酒をよせ」と言うなと、きっぱり言い放つ。彼もサラの仕事には口を出さず、お互いの立場を納得した上での同居生活が始まった。だが、幸せも束の間。ある日、サラが仕事から帰ると、意識朦朧のベンがカジノで知り合った娼婦をベッドに連れ込んでいた。激怒したサラは彼に出ていくように言う。失意のサラは追い打ちをかけられるように3人組の若者の客に暴行を受け、帰宅すると大家が立ち退けと言われた。カジノに足を踏み入れれば、娼婦と気づいたホディガードからゴミのように追い払われる。意気消沈する彼女に、ベンから電話がかかってきた。急いで彼のモーテルを訪ねると、そこには衰弱しきったベンかいた。二人がその夜、初めて本当の愛を確かめ合った後、ベンは静かに息を引き取る。

エリザベス・シューさん、大人の色気が満載ですな。今週は名作特集にしますかな。名作にレイプありですな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。