洋画レイプシーン:娼婦ケティ/Keetje Tippel

娼婦ケティ/Keetje Tippel

モニク・ヴァン・デ・ヴェン
19世紀末のオランダ。貧しいケティ(モニク・ヴァン・デ・ヴェン)は両親と5人の兄弟とともにアムステルダムへ移り住んだ。しかし、そこでもケティたちの生活は貧しいまま。唯一、姉だけが売春宿でわずかな金を稼いでいた。ケティも働こうと洗濯屋に勤めるが、一日で辞めてしまう。次に婦人服店に勤めるが、店主に犯され、そこも飛び出してしまった。ケティに残された仕事は姉と同じく売春宿しかなかった・・・

やれやれ、昨日から今日にかけて1日ブログ凍結されましてな。いやいや焦りましたぞ。しかし、迷惑行為だ、スパム行為だといわれても覚えはなし。すぐに凍結解除依頼を出したところ、これまたすぐに返信ありましてな、なんでも不適切な記事があるとのことで該当記事の削除に応じ、1日で無事解除に至った次第。で、不適切な記事ってのは「もしかしてアレか?」といくつか思い当たるものはありましたが、意外や意外な「これ、ダメっすか?」っていう記事でしたな。まあ不適切といえばみんな不適切ですがな。でもFC2のブログ凍結についてはネット上で悪評たらたらですが、FC2さん、案外丁寧かつ迅速な対応をしてくれましたぞ。感謝ですな。まあせいぜいこのオッサンのように全裸でチ○コ立たせた間抜けな姿をさらさないよう気をつけましょうぞ。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。