洋画レイプシーン:ドリーマーズ/The Dreamers

ドリーマーズ/The Dreamers

エヴァ・グリーン

1968年、5月革命に揺れるパリ。1アメリカ人留学生マシューは、通いつめていたシネマテークで繰り広げられていたデモの最中に、イザベル(エヴァ・グリーン)とテオという魅惑的な姉弟と出会う。3人は意気投合し、マシューは、姉弟の両親がバカンスで留守にするアパルトマンに泊めてもらうことになった。一つのベッドに裸で寝ている姉弟の姿にマシューは戸惑いつつ、3人の奇妙な同居生活が始まる。彼らは議論や映画クイズに明け暮れる快楽的な日々を過ごすが、それは性のゲームへと展開していく。クイズの罰ゲームの名のもとに、テオの目の前でマシューとイザベルはセックスする。イザベルが処女だったことに驚くマシューだが、続けて彼らは愛し合う。3人は部屋にこもりっきりの怠惰な生活を送り、やがて金も尽きていく。そして姉弟の関係に、より深く介入しようとしたマシューは、彼らの分身同士のような絆から徐々に疎外され始める。ある夜、家の中に用意したテントの中で、3人は裸で仲良く横になるが、翌朝、バカンスから戻ってきた姉弟の両親が彼らを見つけ、小切手を置いてそっと出ていく。夕方になってやっと起きたイザベルは、テントの中にガス管を引き入れて心中しようとするが、パリの街で起こっていたデモの投石が窓ガラスを破る。3人は外に出て、姉弟はそのままデモに参加し、マシューと別れるのだった。

そして今週もエヴァ・グリーンさんの登場ですな。これがデビュー作だそうですな。お若いですが、デビューから過激ですな。ところでエヴァ・グリーンさんは実際に二卵性双生児のお姉さんだそうですな。妹がいるそうですが、見てみたいですな。


  • 抜けない! (7)
  • 抜けた! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。