洋画レイプシーン:ディープ・インパクト/Virginites A Prendre

ディープ・インパクト/Virginites A Prendre

リーズ・パンソン
エブリン(リーズ・パンソン)は、友達の乱交パーティーに参加しても処女を捨てられない少女だった。彼女はなんとか処女を捨てようと厚化粧をして夜の街に立ってみたりするが、なかなか一線を越えられない。そんなエブリンがあこがれていたのは母親の元恋人だった。エブリンは彼のいるコルシカ島に向かう。ところがその道中、ホテルの部屋に忍び込んできた男に処女を奪われる。コルシカ島で母親の元恋人と再会したエブリンだが・・・

明日は成人の日ですな。連休なので成人の日にふさわしい一本をご紹介しますぞ。大人の仲間入りをしたい少女のお話ですな。レイプシーン好きの貴兄なら一度はネット上で見たことのあるシーンですぞ。リーズ・パンソンさん、ショートヘアがかわいいですな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。