邦画レイプシーン:艶剣客2 くノ一色洗脳

艶剣客2  くノ一色洗脳

吉沢明歩/木下柚花

八代将軍・徳川吉宗の時代。平民の出ながら剣の道にまい進する弥三郎は、隠れお庭番の冴島凛(吉沢明歩)と共に大奥にはびこる媚薬を根絶させた。故郷に帰った弥三郎の元に江戸の冴島凛から「隠れお庭番の密偵が次々と、彦根藩で行方をくらましている。そちの手を借りたい」という手紙が届く。慌てて、江戸へ急ぐ弥三郎。その頃、彦根藩のひなびた旅籠の地下室では、旅芸人に変装した隠れお庭番の結衣(木下柚花)が、あられもない姿で縛り上げられ、強力な媚薬の煙を吸わされていた。徳川幕府転覆を企む甲賀忍軍の長・幻斉の淫らな拷問に、結衣は自分を使わせた凛の名を白状してしまう。

最後はくノ一ですな。前作(艶剣客 くの一媚薬責め)をご紹介したのはずいぶん前ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (3)
  • 抜けない (3)

コメントはこちら(承認制です)