洋画レイプシーン:Sensational Janine

Sensational Janine

クリスティーヌ・シュベール
19世紀の終わり、ウィーンの売春婦であるヨゼフィーネ・ムッツェンバッヒェル(クリスティーヌ・シュベール)が語る自らの半生。彼女は通称ペピと呼ばれる少女だった。ある夜、ペピは兄とともに両親の寝室を覗き見する。そこで行われている”夫婦の営み”を真似て兄妹は「パパとママごっご」を始める。それによって快楽への欲求を呼び覚まされたペピは、さまざまな男たちから、あるときは誘われ、あるときは自ら誘ってその体をゆだねていった。そんな行状を長兄から叱責されたペピはそれまでの生き方を悔い、「身持ちの正しい女の子」になることを決意し、教会を訪る。しかし、告解を聴いた司祭から「清めの儀式」と称して身体を弄ばれたペピは再び快感を呼び覚まされる・・・

すっかり寒くなりましたが、三連休ですな。今週の無修正フルバージョンは、なんでも19世紀初頭に出版されたエロ小説が原作らしいですな。コメディ仕立てですが、なかなか抜けそうですぞ。それでは風邪引かないように抜けたら拍手を!



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。