洋画レイプシーン:Russian Lolita

Russian Lolita

ヴァレリア・ネムチェンコ

ニキータは娘のアリス(ヴァレリア・ネムチェンコ)と二人暮らし。母子家庭で生活は苦しかった。ある日、彼女たちの家を作家のゲンナジーが間借りをすることになる。家賃収入が増えることをニキータは喜び、彼を歓迎した。そして独り身の長かったニキータは、すぐにゲンナジーと恋に落ちる。しかし、二人の関係に嫉妬したのは、まだ14歳の娘アリスだった。母親がいなくなると、アリスはゲンナジーに挑発的な態度をとり、誘惑するようになる。そしてゲンナジーは徐々に自制心を失っていく・・・

2007年のロシア作品ですな。無修正ですが、ソフトコアですな。ヴァレリア・ネムチェンコさんはロシアのポルノ女優さんですな。作品では14歳の設定ですが、公開当時は21歳ですぞ。かわいいですなあ。私もこんな女の子にチ○コいじってもらいたいですな。抜けたら「抜けた」と!

What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (39)

4 thoughts on “洋画レイプシーン:Russian Lolita

  1. レイプじゃないしw
    管理人さんの良し悪し動画www
    ワロスwww

  2. がんばってください、いつも応援してます^^
    最強の演技力の女優さんを期待しています。
    女優魂ってこう言うところから分かりますよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。