洋画レイプシーン:膝と膝の間/Between the Knees

膝と膝の間/Between the Knees

イ・ボヒ

ソウルの音楽大学に通うチャヨン(イ・ボヒ)は幼ない頃アメリカ人のフルート教師にひざをいたずらされて以来、音楽を聞くたびに性的衝動に襲われるという奇妙な症状に悩まされていた。しかし自らめかけの子として生まれ、現在外に女を囲って子供までもうけている夫に激しい憎悪を燃やす彼女の母親は、そんなチャヨンに対して異常なまでの潔癖症であたり、厳しく家に縛りつけようとするのだった。ある夜のこと、クラシック・コンサートに出かけた彼女はまたもあの衝動に襲われ、名家の子弟であるチョビンという恋人がありながら、かねてより彼女につきまとっていた不良のスイリに心とは裏腹に身を任せてしまう。自分でも制御の利かない肉体にショックを受けた彼女は田舎に静養に向かうが、ここでも若く美しいチャヨンは村の若者たちによって輪姦され、さらにはその姿を写真に撮られて脅迫を受ける。ついに心の均衡を失なった彼女は入院する。医師の診断はこうだった。余りにも厳しい母親によって植えつけられた性への罪悪感が性的衝動という形で噴出したのだと。そしてそこから放されやっと平静を取り戻した彼女をいつもと変わらぬ笑顔で迎えるチョビンの姿があった。

以前にも一部ご紹介しましたが、何でも韓国初のセミ・ポルノ作品だとか。そこで今週のロマンポルノ特集でフルバージョンをご紹介しますぞ。エッチなシーンは、22:34(痴漢に犯される)/32:18(浜辺で痴漢される)/39:00(コンサート会場で痴漢され、犯される)/58:33(車の中で襲われ、犯される)/1:17:10(フルート教師にいたずらされる少女時代の回想シーン)/1:20:40(車の中で犯されているところを村の若者たちに襲われ輪姦される)、といったところですかな。セミ・ポルノとはいえ、どのシーンもエッチですぞ。私は抜けますな。



  • 抜けない! (5)
  • 抜けた! (3)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:膝と膝の間/Between the Knees

  1. おすすめシーンのタイムは大変ありがたいですねぇ。
    それと、こちらのPCの状態なのかわかりませんが、音と映像がズレているような。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。