洋画レイプシーン:ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo

ノオミ・ラパス

ジャーナリストのミカエルは、ある大物実業家の違法行為を暴露し、名誉棄損で有罪になる。そんな彼に目をつけた大企業の前会長が、40年前に失踪(しっそう)した自分の血縁にあたる少女についての調査を彼に依頼する。ミカエルは天才ハッカーでもある調査員リスベット(ノオミ・ラパス)と協力して、未解決事件の真相に迫る。

最近まで知らなかったのですが、「ドラゴン・タトゥーの女」は2バージョンあるそうですな。1本はハリウッド版(こちら)、そしてもう1本はこのスウェーデン版だそうですな。最近WOWOW観てて知りましたぞ。どちらもリスベットが後見人の弁護士に犯されるところですな。「ひとつ聞き忘れたが・・・アナルは好きか?」ってやつですな。悪いやつですなあ。もちろん後でひどい目にあいますぞ。


  • 抜けた! (5)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。