洋画レイプシーン:殺意の夏/One Deadly Summer

殺意の夏/One Deadly Summer

マリア・マチャド

フランス南部の小さな町にエリアーヌが両親とともに引っ越してくる。美しくセクシーな彼女の姿に、修理工で消防夫のパン・ポンはすぐに惹かれるが、彼女にはかつて母ポーラ(マリア・マチャド)をレイプして妊娠させた実の父親を見つけ出し、復讐するという目的があった。レイプ犯が運んでいた自動ピアノがパン・ポンの亡父のものであることを知ったエリアーヌはパン・ポンに近づき、彼の家に「嫁」として入り込む。

壮絶な人妻輪姦シーンですな。時代を感じさせるスリップ姿がエッチですな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。