洋画レイプシーン:ブラッドナイト/Blood Night:The Legend of Mary Hatchet

ブラッドナイト/BLOOD NIGHT: THE LEGEND OF MARY HATCHET

Samantha Facchi
1978年、ニューヨーク州ロングアイランド。深夜、ガラスの割れる音で目が醒めた母親は、12歳の娘Maryの部屋を覗く。そこに血まみれで立ち尽くすMaryの姿があった。あわてて駆け寄った母親を、手に持ったハサミで突き刺すMary。さらに斧を手に取り、それをベットで寝ている父親の顔に振り落とした。1989年、ニューヨーク州キングスパーク、精神病院。全裸でうずくまっているMary(Samantha Facchi)を見た警備員が、彼女をレイプ。 Maryは妊娠し、出産を迎える。しかし医師から死産だったと伝えられたMaryは、医師や看護士を次々に殺し、病院の外へ。そして、そこにやってきた2人の警官に射殺される。―現在。”BLOOD NIGHT”と呼ばれるローカルホリディのその夜、若者5人は、Maryの埋葬される墓の前にやってきた・・・

激しいレイプですな。でも両親殺しちゃった女の子にしてはずいぶんと簡単に犯られますな。チ○コ噛み切るシーンでも出てくるのかと思いましたが、とりあえず血を見るシーンはないのでご安心を。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。