洋画レイプシーン:ヴァイオレット/Bad Reputation

ヴァイオレット/Bad Reputation

アンジェリーク・ヘネシー

ミッシェル(アンジェリーク・ヘネシー)はいつも一人でいる読書好きの女の子だった、その彼女がある男からパーティーに誘われる。 しかしそこでまっていたのは集団によるレイプだった。 さらにレイプされたあとも木に縛り付けられ晒し者にされるという屈辱、そして学校の掲示板にふしだらな女と罵る張り紙。 ついに切れた彼女は次々にレイプ関係者を惨殺していく。

さて、週の初めから惨い輪姦シーンですが、ストーリーはキャリーのパクリですかな。



  • 抜けない! (9)
  • 抜けた! (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。