スクリーミング 夜歩く手首/And Now the Screaming Starts!

スクリーミング 夜歩く手首/And Now the Screaming Starts!

サリー・ハリソン

キャスリーンは、チャールズと結婚しフェングリフェン家に嫁ぐ。彼女が廊下にかけてあるチャールズの祖父のヘンリーの肖像画を見ている時、手首の幻影を見て驚嘆する。キャスリーンは木こりのサイラスと出会い、以前ヘンリーがサイラスの父に土地を分け与えたことを聞く。キャスリーンは、その訳を知りたがったが夫は話そうとしなかった。その後も奇怪な事件が続くが、フェングリフェン家とサイラスの因縁が明らかになっていく。昔、サイラスの両親が結婚式を挙げた夜、祖父ヘンリーが酔ってサイラスの新妻サラ(サリー・ハリソン)を犯した。そしてサイラスの父はヘンリーを恨み、フェングリフェン家の処女の嫁は犯されると呪いをかけたという。

今週は犯される人妻特集にしますかな。一本目は新妻さんですな。新婚初夜に新郎よりも先に新婦を手込めにしてしまうとはゾクゾクしますな。昔、私と関係のあった女が友人と結婚しましてな。付き合ってたわけではなく数回エッチした程度の関係ですがな。もちろん友人はそんなことは知らず、私も披露宴に招待されシレっと出席しましたな。おまけに「友人代表でスピーチしてくれ」と頼まれて、これはさすがに迷ったのですが、どうしてもというのでシレっとスピーチしましたな。ちょっと酒も入っていたので、「新婦はクンニされるのが大好きですが、毛深いので陰毛の手入れをしておいたほうがいい」とか「新婦はフェラチオ好きですが、もう少し舌使いを工夫したほうがいい」とか新婦へのアドバイスを送ったらウケるかなと悪戯心が湧きましたが、さすがに自制心が働いて事なきを得ましたな。新婦もそんな私のスピーチをシレっと聞いていましたが、新郎は私と違って女性関係は真面目で経験も少ないはずなので、あのフェラチオでも大喜びだったかもしれませんな。剛毛には驚いたでしょうがな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (2)
  • 抜けない (12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。