洋画レイプシーン:略奪の大地/Time of Violence(1/2)

略奪の大地/Time of Violence(1/2)

 カリーナ・ステファノヴァ 
オスマン・トルコ帝国治下のブルガリア。騎兵隊長カライブラヒムはイスラム教改宗の命を果たすべく派遣されるが、その向かう先は彼の生まれ故郷の村だった。カライブラヒムは改宗を拒む村人たちに10日の猶予を与える。その10日の間に村では羊飼いマノールとエリツァ(カリーナ・ステファノヴァ)の婚礼の宴が開かれようとしていたが、そこを騎兵隊が急襲し、男は連行され女は慰み物となり、地獄図が訪れる。
いい乳をしたお姉さんですな。カリーナ・ステファノヴァさん、ではないかもしれませんな。



  • 抜けた! (3)
  • 抜けない! (0)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:略奪の大地/Time of Violence(1/2)

  1. このお姉さん美人ですねえ
    また独特の民族衣装もエロティックさを高めています

    こんな人を抱いたら気持ちいいんでしょうなあ

  2. このお姉さん美人ですねえ
    独特の民族衣装もいい エロティックです

    こんな人を抱いたら気持ちいいでしょうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。