洋画レイプシーン:女盗賊プーラン/Bandit Queen

女盗賊プーラン/Bandit Queen

シーマ・ビシュワース

プーラン(シーマ・ビシュワース)は父母から引き離され、会ったこともない男と結婚させられる。夫となった男は幼いプーランを無理矢理犯し、虐待と重労働を課した挙句、彼女を追い出してしまう。出戻りしたプーランに対する村人たちの目は冷たい。謂れのない侮蔑と迫害の末、村人たちはプーランを集団で辱め、さらに警官たちですら彼女を慰み物にする。そんな彼女を今度は山賊がさらう。山賊の首領もまた彼女を性具として扱う。しかしプーランを哀れに思った山賊の男ヴィクラムが首領を射殺、そしてヴィクラムとプーランは結ばれる。だがその幸福も束の間だった。ヴィクラムが裏切りにより暗殺されたのだ。怒りと悲しみから鬼神となったプーランは、盗賊の女王となり、血塗れの復讐を開始する。

これは紹介してませんでしたな。昔、原作を読んで、映画も観ましたな。なんとも悲惨なお話でしたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (11)
  • 抜けた (21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。