洋画レイプシーン:O嬢の物語/The Story of O

O嬢の物語/The Story of O

コリンヌ・クレリー
O(コリンヌ・クレリー)は恋人のルネに命じられて、ロワシーの館に入った。Oの前に二人の女が現われ、Oの衣服を脱がせ、丹念に体を化粧し、ヌードのまま首輪と腕輪をかけた。そして後手にして四人の男たちの前に連れ出した。その中の一人はルネだった。男たちはしなやかなムチを持っていた。一人がライトを持ち、みなでOの体をながめまわし、その中の一人がいきなり後から彼女のなかに押し入ってきた。四人が交互にOを犯すと、ついでOに腕輸をかけ、ムチがしなった。Oは自分の部屋に戻され、一人になると、暗闇の中で感じた。恐怖のなかにこんな甘美な思いがあり、甘美がなぜ恐怖なのかと・・・

コリンヌ・クレリーさん、きれいですな。後にボンドガールにも抜擢されましたな。まさに名作ですぞ。大掃除疲れのパパさんたち、ゆっくりと癒されてくだされ。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。