洋画レイプシーン:早熟のアイオワ/The Poker House

早熟のアイオワ/The Poker House

ジェニファー・ローレンス
1976年。14歳のアグネス(ジェニファー・ローレンス)は妹たちとともにアメリカ・アイオワ州の小さな町にある『ポーカー・ハウス』と呼ばれる不法居住者の家に住んでいた。そこでは夜な夜なポーカー賭博や売春が繰り広げられ、ドラッグディーラーたちが集まってきた。母親から売春を強要されながら、死に物狂いで妹たちを守る日々。そんな過酷な境遇のアグネスに、さらに追い打ちをかけるような事件が起きる・・・

ジェニファー・ローレンスちゃん、かわいいですな。こんなかわいい子が黒人のでかいのをぶち込まれるなんて、ゾクゾクしますな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。