洋画レイプシーン:The Girl in The Book

The Girl in The Book

アナ・マルヴォイ・テン

出版社で編集者として働くアリスは上司からある仕事を押し付けられる。小説家ミラン・デネカーのデビュー作であり、異例のベストセラーとなった作品の再出版を担当することになったのだ。しかし彼女とミランの間にはある因縁があった。それは15年前、アリス(アナ・マルヴォイ・テン)がまだ高校生だった頃のこと。学校には馴染めていなかった彼女にとって心の支えとなっていたのが小説だった。日々執筆を続けていたが、才能があるかは自信がなかった。そんなある日編集者であった父が、自分が目をかけている小説家だと彼女に紹介してきたのがミランだった。ひょんな切っ掛けからアリスはミランに作品を見せることになり、彼が内容を誉めてくれたその日から2人は教師と生徒のような関係を築き始めるが・・・

アナ・マルヴォイ・テンさん、なんともきれいな顔をしたかわいい子ですな。こんな子だったら、そりゃおっぱい触りたくなりますな。後半は何されてるんですかな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (6)
  • 抜けない (13)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:The Girl in The Book

    1. 「後半」とはこのシーンの後半のことですぞ。
      女の子の目線だけのところですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。