洋画レイプシーン:凌辱の女系図/The Country Lady (1/4)

凌辱の女系図/The Country Lady

ロッサナ・ポデスタ

イタリアの田園地帯にある旧家。主のグイドはファシズムの影響を受け、肉体的な虐待によって家族や女使用人たちを支配下においていた。妻のアンナ(ロッサナ・ポデスタ)は夫の顔色をうかがいながら地元の名士と浮気を繰り返していた。

今週は、同一作品から4つのレイプシーンをご紹介しますぞ。すごい邦題ついてますな。まずは、暴君の旦那に無理矢理しゃぶらされる奥さんですな。後処理なしということは、ちゃんとゴックンして、お掃除してくれてるんですな。いい奥さんですな。


  • 抜けない! (7)
  • 抜けた! (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。