邦画レイプシーン:援助交際ハイスクール/The Babysitters

援助交際ハイスクール/The Babysitters

キャサリン・ウォーターソン

大学進学の学費を貯めるため、ベビーシッターをすることになったシャーリー(キャサリン・ウォーターソン)。初めて訪れたベルトラン家は夫婦の仲も良く、子供たちも素直な理想的な家庭だった。初日のバイトを無事に終え、帰ろうとしたシャーリーを主人であるマイケルは車で送るとを申し出る。途中、レストランで食事をし帰路につくが、マイケルは溢れる欲望を抑えられることができず、衝動的にセックスをしてしまう。罪の意識を感じたマイケルはバイト代を上乗せするが、そのことでシャーリーは新たなアルバイトを思いつくのだった。それはベビーシッターとして家庭に潜入し、そこの主人と関係を持ち、見返りに金をもらうという計画で、シャーリーは友人たちを誘って放課後の商売を始めるのだが、この秘密のバイトは恐ろしい悲劇の始まりだった。

今年は若い娘を相手にパパ活しようと思っていましたが、縁遠いですなあ。

What do you think of this post?
  • 抜けた (6)
  • 抜けない (12)

One thought on “邦画レイプシーン:援助交際ハイスクール/The Babysitters

コメントはこちら(承認制です)