洋画レイプシーン:ルルの時代/The Ages of Lulu

ルルの時代/THE AGES OF LULU

フランチェスカ・ネーリ
15歳の少女ルル(フランチェスカ・ネーリ)は、兄の友人パブロ(オスカー・ラドイレ)にあこがれていた。ある日、パブロからコンサートに誘われたルルは、その晩、パブロと肉体的な関係を持つ。人の温もりに飢えていたルルは、そのまま愛欲の日々に溺れ、刺激を追い求める男パブロと結婚してしまう。パブロは快楽を得るために、ゲイのエリー(マリア・バランコ)を自宅に招待し、二人のセックスを見せたり、さらにはルルに目隠しをさせてルルの兄と関係を持たせたりした。何も知らないルルは、実の兄の愛撫に喜びの声を上げていたが、ことが終わった後、事実を知りショックを受ける。パブロの元を去り、一人暮しを始めるルルだったが、兄と関係した罪の意識にさいなまされ、精神的に不安定になっていく・・・

ちょっと暗いですが、眼を凝らしてイマジネーション豊かに観ると・・・エッチですなあ



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。