洋画レイプシーン:Take Me, I’m Old Enough

Take Me, I’m Old Enough

ダイアン・ディー/ナタリー・バーニア

田舎の一軒家に住む姉妹のジャネット(ダイアン・ディー)とエヴァ(ナタリー・バーニア)。妹のエヴァは過去に強い心理的なショックを受け足が不自由だった。姉のジャネットはそんな妹の面倒を見る生活を続けるうちに適齢期を過ぎてしまってる。もともと禁欲的で未だに処女であるジャネットは性的におおらかなエヴァがマスターベーションをすることすら嫌い、それを見つけては激しい折檻を加えていた。そんな彼女たちに突然の知らせが舞い込む。亡くなった資産家の叔父が公証人に遺言を託しているという。そしてその遺言は自分の遺産をジャネットとエヴァに譲るというものだった。しかし、そこにはジャネットとエヴァが処女ではないことと条件がついていた。エヴァが処女ではないことを知っていたジャネットは、自分も処女を捨てることを考えるが・・・

これは1970年の作品でしたな。惜しいですな。でもエッチだからご紹介しておきますぞ。世の中には、いい年してこいつは絶対に処女だろうという鋼鉄の女がいますな。なんでしょうな、あの自意識過剰な感じは。

What do you think of this post?
  • 抜けない (0)
  • 抜けた (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。