洋画レイプシーン:愛と真実にゆれて/Silent Witness

愛と真実にゆれて/Silent Witness

メリッサ・レオ

アンナとケビンは仲の良い若夫婦だった。ある日、二人はバーで酔った女性パティ(メリッサ・レオ)が男たちに輪姦される現場を目撃する。しかも犯人の一人はケビンの兄マイケルだった。ケビンは見たことを忘れてほしいというが、アンナはそのショックを忘れることはできなかった。事件は裁判に発展し、アンナとケビンは検事から証言台に立つことを依頼される。しかし裁判では被害者のパティはアルコール中毒であることが判明する。アンナはケビンとその家族を思い、証言台に立つことをためらうが・・・

なんか「告発の行方」みたいな感じですかな。最近こんな事件が多いですな。マネしちゃダメですぞ。


  • 抜けた! (7)
  • 抜けない! (0)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:愛と真実にゆれて/Silent Witness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。