洋画レイプシーン:バイオレンス・シティ 権力の炎/Place Called Today

バイオレンス・シティ 権力の炎/Place Called Today

チェリー・キャファロー

社会正義を訴える若い黒人弁護士ランディ・ジョンソンは市長選に立候補する。しかし、その裏で彼は地元の黒人ギャングとつながり、対立候補を妨害させる。そしてギャングたちはその妻(チェリー・キャファロー)を誘拐し、レイプした挙句に殺害してしまう。

チェリー・キャファローさん、何度か登場していますな。「The Abductors」、「女猫の舌」なんてのがありましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (0)
  • 抜けた (12)

コメントはこちら(承認制です)