洋画レイプシーン:パリス・トラウト/Paris Trout

パリス・トラウト/Paris Trout

バーバラ・ハーシー
時代は1943年。トラウトとその妻ハンナ(バーバラ・ハーシー)は、アメリカ南部の小さな町で雑貨店を営んでいるごく普通の夫婦だった。しかし、ハンナは、ときどき夫が口にする人種差別的な言動に不安を感じていた。ある日、トラウトは車の取引がうまくいかなかったことを逆恨みして、黒人のヘンリー・レイ・セイヤーの家に上がり込み、12歳のヘンリーの妹を射殺し、母親にも重症を負わせた。トラウトは起訴されるが、自分は正当防衛だと主張する。「白人は黒人を殺しても有罪にはならない」という夫の口癖を知っていたハンナはこの事件に疑問を感じ、息を引き取った少女の病院を訪れる。トラウトはハンナの行動に腹を立て、風呂に入っているハンナを溺れさせようとする。その後も夫の暴力が続き、もはや正気ではないと確信したハンナは家を出て町の小さなホテルに逃げ込む。トラウトの弁護士シーグレイブスは、ハンナを勇気付けようと彼女の部屋を訪れ、その夜2人は結ばれる。有罪になり、妻と弁護士の関係も知ってしまったトラウトはますます偏執的になる。

嫁さんのお尻にビンを突っ込む狂気のダンナはデニス・ホッパーですな。鬼気迫りますな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。