洋画レイプシーン:パプリカ/Paprika

パプリカ/Paprika

デボラ・カプリオリオ

少女ミンマ(デボラ・カプリオリオ)は、恋人ニーノのために生活資金を稼ぐためマダム・コレットが経営する売春宿の扉を叩く。「パプリカ」という名をつけられるミンマは、その豊満な肉体でたちまちナンバー・ワンの売れっ子となる。だが、やはりニーノと結婚したいミンマだったが、ニーノにはすでに他に女ができていた。傷ついたミンマは売春婦を辞めて新たな職に就こうとローマへと向かう。その汽車の中でミンマは同僚の娼婦のヒモだったロッコと再会し、犯されてしまうが、ロッコの男らしさに負けてしまう。

コメディのようですが、結構な重いドラマのようですな。デボラ・カプリオリオさん、いい乳ですなあ。ガーターベルトはやっぱりそそりますな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。